「なでしこ」で女子ワールドカップは日本が勝利する理由!

スポンサーリンク
Pocket






サッカー女子世界一を決める4年に1度の世界屈指の祭典「サッカー女子ワールドカップ」が本年2019年6月に開催されます。

1991年に第一回大会が世界各国12チームで戦われてから本年ではや28年目、2019年は第8回の女子W杯で、24ものチームが国の威信をかけて戦う大規模な大会となります。

過去、日本代表チームである「なでしこジャパン」は世界が目をみはる活躍を見せ優勝を1度経験しております。

前大会では世界NO.1チームであるアメリカに決勝で敗れたものの「なでしこジャパン」の実力とさらなるポテンシャルは全世界が認めるものです。

今大会こそは優勝まちがいナシ!・・・というのは願望で言っているのではありません。我らが「なでしこ」の、日本の実力を再確認しようではありませんか。

スポンサーリンク
レクタングル大

その練習法

対戦する外国人チームは「なでしこ」にくらべ、体格面では圧倒的に上です。圧倒的フィジカルの相手に勝利するため、男子チームと対戦形式の練習をするなど、ハードかつ内容の濃い練習に明け暮れています。

当然、男性選手に対して体力勝負では勝てない部分がでてきますので、それを補いつつ「頭を使う」ことや「仲間とのコミュニケーション力」を高め、「連携で勝機を掴む」ことが必要になってきます。

これを聞くと練習の厳しさが際立つのですが、自分達の勝てない相手に工夫して勝利をつかむ練習をするのは、とても楽しいものではないでしょうか。

じっさい「なでしこ」のメンバーは練習を楽しんでいます。かなりキツイ練習のはずなのに、彼女達の笑顔が印象に残ります。

楽しむことで「脳力を全開」させ、体格に勝る相手にも「チームの連携力」で勝利する。ここに「なでしこジャパン」の強さの秘密があるのでは・・・

 


高倉麻子 監督

女子ワールドカップ2019「なでしこジャパン」を率いる高倉麻子監督(51)その采配はいかに! 選手時代からその来歴を確認すると・・

選手時代

小学生からサッカーを始め、15歳で日本代表になるなど、早くから頭角をあらわし、第2回女子ワールドカップやアトランタ五輪にも出場しています。

また2004年で現役引退するまでに当時最多の公式戦226試合に出場し、MVP3回、ベストイレブン7回、優勝4回を記録するなど、まさに歴戦の猛者って感じですねw

指導者となって

現役引退した後はサッカー指導者としての道を歩み、「女子アジア年間最優秀コーチ」に選出されたり、U-17女子ワールドカップの日本代表監督として初優勝に導くなど、その采配も素晴らしいものがあります。

2016年にそれまで「なでしこジャパン」を率いていた佐々木監督の後任を引き継ぎ「サッカー女子日本代表監督」に就任しました。

就任してそれほど時間がないにもかかわらず、女子ワールドカップ予選を制し「出場決定」の実績を残してます。

その采配

高倉監督は日本女子サッカー黎明期から選手育成に携わり、その細やかな指導もさることながら、実戦においては選手個々の能力を最大限に活かし切る戦術・戦略には定評があります。

ただし、その容貌からは想像もつかないほど勝利に対する「こだわり」が強く、時には非情な決断も厭いません。この人が「歴戦の勇士」だったことを思い出させてくれます。実は「猛将」だったりして・・w

「なでしこジャパン」の長所・短所を知り尽くした上で「フィジカルの強い外国人選手に勝利する」采配を任せられるのは、この高倉監督しかいません!

 


代表選手

女子ワールドカップ2019の「なでしこジャパン」日本代表選手と指揮スタッフの陣容がこちらです。

GK 山根 恵里奈 齊藤 彩佳 武中 麗衣
DF 飯島 彩 有吉 佐織 熊谷 紗希
(キャプテン)
清水 梨紗
大賀 理紗子 市瀬 菜々 宮川 麻都 南 萌華
MF 宇津木 瑠美 中島 依美 阪口 萌乃 松原 有沙
長谷川 唯 杉田 妃和 三浦 成美
FW 横山 久美 籾木 結花 池尻 茉由 小林里 歌子
遠藤 純
指揮高倉 麻子
(監督)
大部 由美
(コーチ)
大橋 昭好
(GKコーチ)
広瀬 統一
(フィジカルコーチ)

「なでしこジャパン」の持ち味である「スピード」「精確なパス」「連携」に加え、監督の指導もあり「個人の強さ」の底上げもされている印象です。

「泥臭く」「貪欲に」勝利を掴みにいってほしいですねw

 


女子ワールドカップ本戦をどう戦うか

女子ワールドカップ予選を兼ねていたアジアカップで見事に勝利し、W杯の出場権をもぎ取ったわけですが、正直苦しい戦いだったと言わざるをえません。

韓国戦もかなりの接戦でしたし、オーストラリア戦では後半「引き分け狙い」の戦術を使わざるをえませんでした。

それでも着実に勝利を拾ってきたのですが、女子ワールドカップ本戦ではどうでしょう。

日本の第1戦の相手はアルゼンチンで、これまで2度対戦し2度とも勝利してますので、順当にいけば勝てる相手ではあります。

しかし、その後に控えるイングランド、スコットランドは強豪です。実績でいえばイングランドと当たる可能性が高いでしょうか。

まずアルゼンチン戦を取りこぼさず勝利し、続くイングランド戦を全力攻略して第1グループ戦を突破!とりあえずはここが目標ですね。

日本国民一丸となって「なでしこ」の勝利を応援しようではありませんか!^^

 

女子ワールドカップの「何?」を解決


スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大