東京オリンピックでメダル有力はアーティスティックスイミング!

スポンサーリンク
Pocket

アーティスティックスイミング




アーティスティックって何?」・・・まだ馴染みのない名前に戸惑う方も多いでしょうが、旧名・シンクロナイズドスイミングのことです。

名称変更の理由としては、旧シンクロが「芸術性を追求した名前になってない」ことや「ソロ競技もあるのにシンクロ?」などと色々あるようですが、ともかく

アーティスティックスイミング」と2018年4月から名称が変更され、今回の東京オリンピックでこの新しい呼び名も定着するとおもわれます。

 

スポンサーリンク
レクタングル大

アーティスティックは日本のお家芸?

2019アーティスティックティックスイミングジャパンオープン チームフリールーティン 日本

さて、このシンクロ改めアーティスティック、みなさんご存知のように我が日本のお家芸と言われるくらいオリンピックなどの大会で優秀な成績を収めています。

1984年のロスオリンピックで正式種目になって依頼、金メダルこそないものの、銀・銅と毎回表彰台に上がるイメージが定着していますね。前オリンピックのリオでもチーム・デュエット共に銅メダルを取っているのは記憶に新しいところです。

世界トップレベルの技術・芸術性そして美しさを持つ我が日本のアーティスティックチーム。今回も素晴らしい活躍をしてくれるものと期待が膨らみますが、代表に選ばれたのはどんな選手達なのでしょうか。

東京オリンピック2020のアーティスティックスイミング・日本代表チーム、通称「マーメイドジャパン」。出場する選手達を良く知っておくと、よりオリンピックを楽しんで観戦出来るのではないでしょうか。

  

2020マーメイドジャパン代表選手

チーム

乾友紀子

(いぬいゆきこ)

  • 生年月日:1990年12月4日(28歳) 
  • 身長/体重:169cm 55kg
  • 出身地:滋賀県八幡市
  • 所属:芦屋大学職員、井村アーティスティックスイミングクラブ

吉田萌

(よしだめぐむ)

  • 生年月日:1995年7月2日(24歳)
  • 身長/体重:169cm 54kg
  • 出身地: 愛知県
  • 所属:愛知学院大学職員、ザ・クラブピア88

福村寿華

(ふくむらじゅか)

  • 生年月日:1996年6月6日(23歳)
  • 身長/体重:171cm 57kg
  • 出身地: 京都府
  • 所属:近畿大職員、井村アーティスティックスイミングクラブ

安永真白

(やすながましろ)

  • 生年月日:1999年7月11日(20歳)
  • 身長/体重:168cm 51kg
  • 出身地: 栃木県
  • 所属:近畿大2年、井村アーティスティックスイミングクラブ

塚本真由

(つかもとまゆ)

  • 生年月日:1997年4月15日
  • 身長/体重:171cm 54kg
  • 出身地:千葉県
  • 所属:昭和学院高 卒

京極おきな

(きょうごくおきな)

  • 生年月日:2001年10月20日
  • 身長/体重:163cm 47kg
  • 出身地:大阪府
  • 所属:近畿大学付属高校 3年 井村アーティスティックスイミングクラブ

木島萌香

きじま もえか

  • 生年月日:1999年9月2日
  • 身長/体重:167cm 51kg
  • 出身地:石川県
  • 所属:金沢高等学校 卒

柳澤明希

(やなぎさわ あかね)

  • 生年月日:1998年10月8日
  • 身長/体重:166cm 51kg
  • 出身地:埼玉県
  • 所属:法政大 3年、アテナアクアメイツ

 

デュエット

  • 乾友紀子(いぬいゆきこ)
  • 吉田萌(よしだめぐむ)

 

世界のライバルチーム

その技術と美しさで魅了してくれる日本代表チームですが、世界には強力なライバルが存在します。日本といえど力及ばず表彰台を逃すこともあるくらい鎬を削る相手が何カ国も存在するのです。

今回はその中でも代表的な二カ国、そう!「絶対王者のロシアと「台頭目覚ましい中国」を簡単にご紹介しておきます。

ジャパンマーメイドがどんな相手と戦うのか知っておくと、より手に汗を握って観戦できるのではないでしょうか。

シンクロチーム ロシアの圧巻の演技 リオ五輪

ロシア

20年以上世界のトップに君臨する絶対王者!それが「ロシア」です。

2000年シドニー以降、チーム・デュエット共にオリンピックで連覇し続ける驚異のチームなのです。日本の悲願である金メダルを、巨大な壁となって何度も阻んできたロシアですが、東京オリンピックで日本チームはどう戦うのでしょうか。

銀メダルの演技 中国 リオ五輪シンクロチームフリー

 

中国

そして、ロシアには一歩及ばないものの、凄まじいスピードで成長し、前2回のオリンピックで銀メダルを取り続けている中国(チーム)、この国もジャパンマーメイドの前に立ちはだかってくるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世界トップクラスの実力を持つ日本代表といえど、世界のレジェンド達に挑む「挑戦者」なのだということがお判りいただけたとおもいます。

応援しましょう! そして彼女達マーメイドジャパンとこの戦いを共有するのです! そして思う存分「楽しみ」ましょうね。 ~~ \ (*´∀`) / ~~

 

東京オリンピックでの日程・会場

 

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大