FXトレードの4要素

スポンサーリンク
Pocket

では FXトレーダーの行動に重要な要素について、少し具体的に分解して説明していきましょう。おおまかにわけて4つの重要要素があります。

  • その1  トレード手法  Method(メソッド)
  • その2  資金管理     Money(マネー)
  • その3  メンタル管理   Mental(メンタル)
  • その4  リスク管理    Melt(メルト)

トレード(Trade)の4つのM・・・T4Mとおぼえてください。(MT4でも良いですw) これらは複雑に絡み合って相互に作用しているので、一つだけ出来れば良いというものではありません。 なお、それぞれがとても重要なので、詳しく説明する記事を、ひとつひとつ作成するつもりです。今回は基本となる概略を述べるにとどめます。

その1  トレード手法 ・Method(メソッド)

初心者に限らず、みなさんここにばかり目がいきがちですね(笑) たしかに、トレード手法に優位性がないと、頼りになる指針がないのでトレードに自信がもてません。トレードの柱となる重要な要素であることは間違いないでしょう。

短期移動平均線と中期移動平均線がクロスしたから買い?

有名ですね。いわゆるゴールデンクロスってやつです。逆方向ならデッドクロスですね。ほかにも、ボリンジャーバンドの+2Qに達したから逆張りの売り、はたまたストキャスなどのオシレータ系が下がりすぎているからそろそろ買いに転じるだろう・・・などなど(初心者の方スミマセン、現時点でわからなくてもダイジョブです。そのままお読みください)

これらのテクニカル指標は、チャートから相場の状況を教えてくれる便利なものなのですが、たんにインジケーターを組み合わせるだけで、利益が出ると考えていると、使いこなすことはできません。

テクニカル分析で何を分析する?

重要なのは、そのFX相場に参加している大衆の心理を、チャートから読み取れるかどうか、なのです。 ここを理解せずに、ただラインとローソク足が接触したからエントリー・・・みたいにやっていると、いつまでもトレーダーとしての成長はないでしょう。

トレード手法とは?

すこし乱暴にまとめますが、トレード手法とは大衆の心理を把握して環境認識し、タイミングをはかってポジションを持つ。そして、同じく相場の状況を読み切ってイグジットする。この一連の行動のことをいいます。

具体的な手法については、調べればいくらでも出てきますし、私も別の記事で詳しく述べるつもりですが、どんな手法を使うにせよ、チャートの向こう側にいる全世界の人間の心理を把握するのが重要です。これを意識していないと、いくら優れた手法でも、効果を発揮するのは難しいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大